独自路線

低コストで、格安航空券を利用することができるというLCCの中でも安定した人気を誇っているのがスプリングジャパンこと春秋空港日本ですね。
スプリングジャパンは、日本国内の格安空港の中でもサービスの質と航空チケットの値段の安さ、そして時折行われるキャンペーンなどによって値段のお得加減はかなり大きなものになっているのです。
そういった、格安化を定期的に行うことによって需要層をしっかりと獲得しているスプリングジャパンなのですが、その特徴は路線の絞り方にも注目されています。
具体的に、スプリングジャパンで利用することができる路線はどんなものなのかというと、成田から佐賀、広島、高松とかなりマイナーな路線のみをカバーしているという非常に珍しい航空路線となっているのです。
九州地方なら、福岡や北九州がメジャーでしょうし広島空港や高松空港なんてほかの格安航空会社では一切カバーしてない範囲ですからね。
大手の航空会社でもそれ程便数がない、ということでマイナーな路線と空港を使っているため、それだけでコスト低減になっているのです。

マイナー路線を狙う隙間産業

スプリングジャパンで利用可能な路線は東京から九州、四国、西日本の中国地方とかなりマイナーなところばかりで、そもそもこんなところに行く人がいるのかと思う人もいるかもしれませんね。
しかし、佐賀や高松は九州地方と四国と昨今では実は旅行先として非常に力を伸ばしているところでもあるのです。
特に、佐賀の場合は近辺に福岡や長崎といった観光地がありますので、より安く空港チケットを購入したくてなお且つ込み合っていてチケットが取れない時期なんかはあえてこういった僻地に向かう目的地の飛行機を利用してそこから陸路で移動するというようなことができるわけです。
しかも、スプリングジャパンでは定期的に超格安で航空チケットが購入できるネット限定のキャンペーンなども実施しているのでピンポイント利用が非常に使いやすいのです。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫