低コスト工夫

マイナーな路線をカバーする形で、ピンポイントな集客をしている格安航空券を取り扱うLCCのスプリングジャパンは、格安航空会社の中でも日本では比較的後発での業界参入となりました。
しかし、この後発での参入というのは実は国内の格安航空会社という意味では非常に成功したというか、功を奏したといってもいいかと思います。
というのも、日本は海外に比べると土地が狭く長距離移動も新幹線など陸路でも十分に移動することができたので、長距離移動に飛行機を利用する層が新しく確保できるか手探りながらの業界参入になった、ということもあって、話題にこそなりはしてもトラブルが頻発したり、或いは業績が思わしくなかったりするような格安航空会社がとても多かったからです。
しかし、その点では後発で格安航空会社を設立したスプリングジャパンは、そういった先発の格安航空会社の成功例と失敗例をしっかりと学びながら、自社に反映して運営方針を決めることができたのですね。

スプリングジャパンの成功した運営方針

スプリングジャパンが後発で格安航空会社を設立した際に、他の格安航空会社の教訓を活かしたことで成功したのはやはりその独自性とサービスのレベルの高さです。
安かろう悪かろう、というのは日本では基本的に通用しないのです。
日本では、値段を下げてもそれなりに質よく満足のいくサービスのできない業界は安くても通用しません。
その点、スプリングジャパンはトラブルや不満の多かった安かろう悪かろうな格安航空会社の運営と失敗を教訓にして、そういったサービスの質についてはコスト低減の対象にせず、質の高さをそのままに、独自性がありなお且つほかの航空会社ではあまりカバーしていないような路線だけをとることによって、低コストな空港使用を行うことで格安で航空チケットを提供するようにしているわけです。
サービスは日本質のまま、工夫で低コストにしているというのが何よりの成功の秘訣というわけです。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫