座席種類について

スプリングジャパンは、独自のマイナーな路線だけに絞った集客とキャンペーンなどを利用した超格安の航空券を定期的に提供することによって客数をそれほど多くないながらもしっかりとピンポイントで獲得している、という格安航空会社です。
実際、キャンペーン以外の通常時における航空チケットもかなり値段が安く、格安航空券を安定して売り出していると言っていいでしょう。
基本的に、日本国内というのは海外に比べると格安航空会社の設備などもかなり質がいいほうなのですが、それでも大手の航空会社に比べるとやや見劣りしてしまうというのが通常です。
しかし、スプリングジャパンでは格安航空会社でありながらもかなり綺麗で座席の種類も豊富かつ、快適な物が多いので利用層も非常に増えているのですね。

スプリングジャパンの座席について

格安航空チケットを提供しているスプリングジャパンは、それでも座席のクオリティはなかなか高く、合皮製の席ですがゆったりしたスペースが特徴的で、なお且つ座り心地もかなりいいようですね。
さらに、スプリングジャパンでは四種類の座席から選ぶことができるのです。
それぞれ、1列目の席が足元が広いコンフォートシートという座席の種類になっています。
それから、16列目と17列目がレッグシートという足元がゆったりとした非常口付近の座席となっているのです。
そして、2列目と3列目はそれぞれフロントシートというタイプの座席になっており、こちらは足元がゆったりとした前方にある座席となっているのですね。
それから、残りのほかの座席はそれぞれスタンダードシートという普通席になっており、こちらは低料金で乗ることができるのと座席指定が可能な席となっているのが特徴ですね。
それぞれ、座席指定料金がかなり変わっているのも特徴的なのですがコールセンターや空港カウンターで予約をするよりもインターネット予約のほうがやや安くなっており、チケット購入と合わせてお得です。

  ≪ 前の記事: を読む   次の記事: を読む ≫